So-net無料ブログ作成

自己主張の強いオンナという香り [香りの引き出し]

ナナカマドはまだオレンジ色でした。

目で確認するだけではなく、香りでもあちこちで「秋」を感じられるようになりましたね。


【自己主張の強いオンナ】

そんなイメージがあるキンモクセイ。

秋がやってくると、そこここで「私はここよ!」と、叫ぶように香ってる姿は

まるで自己主張の強いオンナです。(笑)

毎年暑さが引いて湿気が急に下がる頃に、かならず「叫び」にきます。

 

 

ソウルフードって、やっぱりおにぎりとか味噌汁とか、

そういうものが日本人として挙げられるでしょうけど、

実際の家庭料理としての「ソウルフード」は、

個人的にツボがそれぞれ違うふうにセットされいると思うんです。

 

私の場合はなんだろうなぁ。

    

トンネルをいくつか抜けて、70㌔ほど走ると実家に戻ることができます。

 

  

こここれはおいしいの♡ 連休なんで混んでました。     実家の近所のミケちゃん♪

 

そして、結構好きなりんご園。

真っ赤になったりんごが、旬の種類から収穫時です。

 

コロっと残ってるコンテナも、なんか可愛い。

りんご園はアチコチにあるんですが、ゆっくり見て歩くのがいい。

ずーっと奥に何かイイコト待っていそうな・・・そんな「希望的展開」を匂わせる感じが、好き。

 

トンネルと山を抜ける時に、いつもの「きのこや」さんがシーズンのブツを売っていました。

 

半天然の舞茸。             こっちは詰め合わせセット。朝山に入って採取したモノ。

 

舞茸は露地モノになると一気に香りが出るので、違います!

いろいろキノコは、おうどんのつゆに入れてダシに香りを足してみようかな。

そうなると舞茸は「舞茸ご飯」に変身でしょうか。

   

舞茸・油揚げ・人参・隠元・鶏肉を炒めて甘辛く煮て、ご飯に混ぜます。

炊き込みご飯じゃなくて、この混ぜご飯。

私の中ではこの混ぜご飯じゃないと「舞茸ご飯」になりません。

舞茸が油分と出会ってさらに香るのは、天ぷらでも再現できますが、

鶏肉他と渾然一体となった旨みはやっぱり、炒めた具のこれでないと。

 

小さい頃から食べなれたこの混ぜご飯は、個人的なソウルフードの一つなのかも。

昔、自分で料理をしようと思い始めたころ、

母親に作り方を最初に訊きたかったのはこれだったので、やっぱこれかな?

あれこれと、この「舞茸ご飯」のある風景が思い出されます。

きょうだいケンカした後の夕飯だったり、部活で遅くなった食卓だったり、

お弁当にもこのご飯持っていったときもあったなぁ・・・

あなたの場合は、どんな食べ物なんでしょう?

きっと想い出もズルズル芋づる式に・・ (^w^) ぶぶ

 

 

 

実家の「自己主張のオンナ」は本格的に香ってました。

舞茸の季節とほぼ同時だったんですね。

いまの時代、舞茸はスーパーに行けば一年中手に入るけど、本当はこの季節だけ。

そういえば、以前実家で買ってた農家のお米の新米が届いた時に、

その農家の路地栽培したという舞茸をオマケに頂いたことが。

 

「自己主張の強いオンナ」は、新米と舞茸の時期と同じだったんだなぁ。

実家の二階から夕日が沈む瞬間のグラデーション。

 

うーん、

なにげなく重ねてるトシも、モノは考えよう。

こうして些細な「気づき」が多くなるのもなんか嬉しいかも。(* ̄ω ̄)ノ

 


【ちょっと息抜き記事です】

前回も沢山のご訪問、ありがとうございました!

ネタあるんですが、ちょっとバタついてるのであっさりとアップします。

ご訪問もユルユルさせていただきますね。(´・ω・`)b

 

 


nice!(214) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 214

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。