So-net無料ブログ作成
検索選択

富岡急行食堂 [のすたるじっくツアー]

0-1a-1.jpg

「おむらいすください。」

 


【富岡リベンジ急行食堂】

お正月に行った下仁田。

実は途中下車してました。(* ̄ω ̄)b

0-0-113.jpg

「じょーしゅー」と書いちゃったほうが合ってるような富岡駅の構内看板。

 

 

 

去年夏に行ってお休みだった「急行食堂」。

今回、電車移動でリベンジ。

 

0-2c.jpg 0-0-115.jpg

おぉー今日はやってる!      まだ11時だけどお昼食べちゃう。中はやはり貸切状態。                                 店は何故かL字型の作り。明るい配色の屋根テントが店内にも同じ色を映しだしてます。

 

0-0-114.jpg 0-2d.jpg

ふと振り返ると親戚のウチっぽい。テレビでは箱根駅伝中継中。 ふつーに美味しいおむらいす。

 

ところで「急行食堂」って何故「急行食堂」?!

 

お店のオバチャンに訊いてみた。

すると、

奥から待ってましたとばかりに「満面笑みの店主」が登場。

店名の由来は、

何でも先代のお母さんの勤めてた宇都宮の食堂の店名らしい。

疎開し戻った富岡で店を出した時に「勝手に」付けたとか。(勝手でいいのか?)

で。

こちらが食べてる間中延々とBGMのように四方山話を語る店主。

BGMだったら聞き流していいんだけど、

そうもいかないから食べるのと話聞くのとで忙しかった。

中でも富士重工ペヤングとエースコックの話は異様に長かった・・・(=ω=.)

 

0-1.jpg

さぁ、お昼も食ったし急行食堂の店主からも解放されたし、今度は腹ごなし!

 

0-11aqaq.jpg 0----9.jpg

店先でニシキゴイの歓迎を受け、               「雷おこし」のような門柱を発見し、

 

0----5.jpg 0----3.jpg

「ちょっと寄ってく?」ブタに客引きされてヨロヨロと辿ると岡重肉屋だ!夏に見送った店!

 

0----2.jpg 0----4.jpg

3本110円とか、なんだか安いー。  超ローカルデータ、地元高校野球部御用達のランキング。                                  ここではまゆコロッケ60円とハリケーンポテト150円を、念願かなって買い食いです。

お昼の後すぐの買い食いで、想像通りお腹イッパイ。

そろそろまた「オッサンポ」してカロリー消費しなくては!

 

今回は「富岡製糸場」の西側というか裏側を散策します。

 

0-1k.jpg

すぐに過保護気味のガスメーターうさぎ発見。上州の冷たい空っ風もこの囲いでしのげそう。

 

0----7.jpg 0----8.jpg

おおっ、路地裏名物「穴埋め問題」も発見。       ・・・・こっちはぬり絵かな。(* ̄ω ̄)b

 

0-01q.jpg 0-2a.jpg

この洗濯バサミはどんな役目が?  仕込みでお店に到着したもようの「てふてふ」の女将さん。

 

0-h.jpg

富岡製糸への「裏口入場口」はこちら。                 (通常入れないようです。)

 

0-1g.jpg

無断で置くと3万円! ・・・・くれる?( ̄ω ̄;)   クレクレクレ!

 

0-01111.jpg

ポストが「ごくろうさま」と囁くけど、温度計がゲンジツの気温を指示しヒジョウにサブイ。                                      この日は気温5度ほどでした。配達員さんホントごくろうさまです。

 

0----6.jpg 0000000001.jpg

膀胱炎が◎、水虫・・・文字が怖っ!           夏にはバケツから蓮がニョキっと出ます。

 

0-1f.jpg

そんなこんなの富岡のまち、そっと塀の上から覗き込んでいたのは真っ赤な南天の実。

 

 

 


【鴛鴦(インヤン)な飲みもの】

中国には「陰陽思想」があるそうで、

世の中には陰と陽の二種類に分けられるという考え方です。

陰陽的なメニューには「鴛鴦」(オシドリ)の名前が付くようです。

発音は英語表記で「Yun Yeong」(インヤン)。

 

いくつか陰陽的なメニューがある中で、香港には「珈琲と紅茶」を合わせたものが。

ちょっとつくってみました。

0-1.jpg 0-2.jpg

最近、ムセッティのコーヒーパッドを箱買い。        エスプレッソの細かい掃除が不要に♡

 

0-3.jpg 0-4.jpg

エスプレッソにさらに紅茶を加えて、最後に練乳を入れかき回して「鴛鴦茶」できあがり。

珈琲の苦味と紅茶の渋みが相まって、そのまんまではかなり複雑なオトナの味。

これは練乳さんのチカラが必要です。(。-`ω´-)

 

 

まーまーとりあえず、寒い日にはやっぱりアッタカイのみもの。

参照はこちら。

Hot Drinks around the World 世界のホットドリンク

Hot Drinks around the World 世界のホットドリンク

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: プチグラパブリッシング
  • 発売日: 2005/10/22
  • メディア: 単行本

いろーんな国のアッタカイ飲み物が由来なども書かれていてタノシイです。

 

 

そして「いろいろ使える!」と、練乳ウシさんに囁かれた私は

0-5.jpg 0-6.jpg

 やっぱりこの季節はいちごかな。        下にあるのはバナナ。練乳バナナもおいしーよ。

 

 

【鴛鴦オムライス】

この流れで「鴛鴦チャーハン」というのがあるそう。

そこで別バージョンを創作。

0-5.jpg 0-2a.jpg

畑の緑色たちは茹でてお昼に添えよう。       ・・・・もしかしてこのオムライス笑ってる?

 

0-3.jpg 0-6.jpg

一つしかないので、半分だけ先に味見としよう。   でも量が少ないので、半分は中華あん。                                     去年の秋ごろに入手したご当地カレー。ちょっとづつ食べようぜーと話していたので半分だけ。

                                                               

オムライスに二種類のソースかけたとしたら・・・これはもしや「鴛鴦オムライス」?

0-7.jpg 0-8.jpg

二種ソースだとくどいかなと、白ご飯にしたら・・・・味がちょっと薄い。  結局・・・カレーの海。                                        嗚呼~~半分だけ食べる予定のカレー食っちまった!

 

 

( ̄ω ̄;)うっ、どうしようー。

*因みに「会津地鶏カレー」、激辛とありますが、あんまり辛くはありませんでした。。。。

 

       


nice!(165) 

nice! 165

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。