So-net無料ブログ作成

殺人鬼の季節 [庭仕事]

0-2a.jpg                               栃木県足利市付近の車窓から。まっさかりの春を撮ってみる。

 


【4月の庭】

約ひと月前の庭。

0-1n.jpg 0-1l.jpg                                                       鈴なりのブルーベリーの花。           まだ固いツボミのマダム・イサーク・プレール。

 

0-1u.jpg 0-1t.jpg                                  桜色のウツギ。                    セントーレアの枝が腕を広げるように伸び出す。

 

0-1h.jpg 0-1i.jpg                                 10m以上に伸びてしまったクレマチス、モンタナ。   このくらいの開きかげんが「おぼこい」♡

 

0-1o.jpg 0-1j.jpg                              白い花をちらちらあちこちで開くワイルドストロベリー。梨の花も雨あがりに白く浮き上がる。

 

0-1b.jpg 0-1f.jpg                     暑くなるまでの命、ビオラの面々。         シラーカンパニュラータは、ヒヤシンスの親戚。

 

0-1d.jpg 0-1g.jpg                                  オオデマリはまだ緑色のこの時期がいい。    スズランは連休の時期を知らせる花。

 

0-1k.jpg 0-1a.jpg                               珍しいツタの葉型のワイヤープランツ。      畑に移住したカベルネさん、実を付けそうです。

 

去年ウチに来た、カベルネソービニオンの苗。

挿し木したのを頂いたんだけど、なかなか元気。

数えたら花芽が30近くついてました。背丈も私のアゴの下くらいまで伸びてます。

あんまり実を付けちゃうと木が弱っちゃうので、摘果しました。

 

 


【あっという間に5月がきて、既に半ば過ぎ。】

連休明けあたりからジワジワとバラなども咲いてきます。

0-1a.jpg 0-1m.jpg                             アルシュディック・ジョセフは咲き進むとダリアみたいになる。 晩秋までよく咲きます。

 

0-1b.jpg 0-1c.jpg                               イングリットバーグマンとモンタナ。マリアカラスはちょっとピンクが入った赤。メイアンさんのバラ。

 

0-1l.jpg 0-1i.jpg                                 紫玉もコロコロっと咲きました。           ハイブリットティーの高雄。

 

0-1f.jpg 0-1e.jpg                               苗で買った八重のオダマキはシャンデリアみたい。        花持ちもなかなか良かったよ。

 

0-1t.jpg 0-1h.jpg                                コデマリの白い花が小滝のよう。         オオデマリの黄緑色の花も白くなる。

 

0-1u.jpg 0-1g.jpg                               勝手に生えてきた矢車草とイレーヌワッツ。   モッコウバラとツボミのドロシーパーキンス。

 

0-1r.jpg 0-1s.jpg                           ロニセラの赤はパッとその場が明るく見える。    おっと、名前なんだっけ。調べておきます。

 

0-1j.jpg 0-1d.jpg                              ドピンクの金魚草とウトウトはなちゃん。     「夜の女王」というブラック系のチューリップ!                                  去年の秋に、カベルネとシャルドネのママからお裾分け頂きました。

 

0-1.jpg 0-2.jpg                               濃い赤のフランシスデュブリュイ。        そして、ワイルドストロベリーも赤く色づきました。

 

0-1.jpg 0-1p.jpg                                  アイツを発見!ぶっ殺す!(( ̄ω ̄;)      またコレでシューシューしとかなくちゃね。

 

「ぶっ殺す!!」

・・・だなんて、ふつーの生活ではよっぽどじゃないと使いませんが、

この時期私は朝夕に連発してます。(´-ω-`)

 

木酢液の本、図書館で色々借りてきて研究中。

50~100倍は、殺菌作用あり。

500倍は成長抑制(葉っぱが大きくなり過ぎない)、

1000倍だと、成長を促します。

このほか、もし農薬を使う場合も木酢液を薄めた中に溶かす場合、

半分の量で効果が期待できるそう。

ドクダミやヨモギの新芽を黒砂糖で浸けこんで置き、抽出した液も効果があります。

酢と焼酎と黒砂糖で作った「ストチュウ」と言われる液も効果大。

ポカリスエットもそのまんま霧吹きでかけると、アブラムシはやられます。

農薬使わなくても、結構色々方法はあるんですねぇ。

木酢液は殺虫剤ではないけれど、植物自身が強健になり病気にかかりにくくなりますし、

害虫の防除効果は絶大です。

 

 

虫の知識も少しだけ広くなってきていました。

葉っぱがスケスケになるので「スケスケ虫が出たな」とか、

イモムシっぽい幼虫が葉っぱを囲んでイッパイ発生するときは「ワイワイ虫」とか、

ツボミを首からチョキンと折るのは「チョッキリ虫」など、勝手に名前つけて呼んでました。

最初は、調べるのだけでもイヤだったのですが、

最近は勇気をもって。(。-`ω´-)

 

そして、それぞれの「本名」は、

スケスケ虫はヨウトガの幼虫。ワイワイ虫はジュウレンバチ。

そして、チョッキリ虫は「クロケシツブチョッキリ虫」・・・惜しい!近い!(別名バラゾウムシ)

 

上ででてきた害虫キモくないって方は、こちらを覗いてみてくださいね。                                                   あ、当方は一切関知しませんので、自己責任でね。(´・ω・`)b

                            


nice!(152) 

nice! 152

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。