So-net無料ブログ作成

土を醸す [庭仕事]

0-1eaa.jpg                             ハート型の耳を立ててるイングリッシュローズのウィズリー、何が聞こえる?

 


【木になる6月のベリー】

0-1c.jpg 0-1d.jpg                                  6月になるとちゃんと赤くなるジューンベリー。          デュランディとトリテルナータ。

 

0-1a.jpg                             ふわーっとしたウエーブのモダンシュラブローズのロココ。花束みたいにイッパイ花を付けます。

 

0-1.jpg                      奥の黄色いバラはイングリッシュローズのセントオルバン。まだまだ下にツボミが待機してます。

 

0-1d.jpg                               昼下がりの風に揺らぐイングリッシュローズのゴールデンセレブレーション。

 

0-2f.jpg 0-2b.jpg                              咲き始めは白、時間を経ると緑色になるグリーンアイス。     雄花と雌花のあるベゴニア。

 

0-2g.jpg 0-2d.jpg                               カシワバアジサイも花が大きくなってきました。  斑入りのドクダミはピンとした品がある。

 

0-2c.jpg 0-2e.jpg                             十字のお花がほろほろと。              オリーブの花が咲いてたんです。(ルッカ)

 

0-1d.jpg                               ネバデロブランコの大きな樹のほうも、満開。木下はほろほろ白い小さな十字が沢山。

 

0-2.jpg 0-2a.jpg                              一番花の終わったバラにはもうちょっとしたらお礼肥え。 琺瑯のタンクも骨董市で見つけました。

 

実は右の琺瑯のタンクで試験的に「植物エキス」を作ってます。

 

「植物エキス」というのは、

ヨモギやいろんな植物の芽や茎などを黒砂糖などに浸けて抽出したものです。

それを水で薄めて植物に散布すると、農薬などを使わなくても病気や害虫を防げるというもの。

植物にはもともと「植物ホルモン」などの有用な物質が入っていて、

それを利用しようという考えです。

そして、土の中の微生物の動きを助ける方法。

「農薬」って結局生態系を壊すだけなんですね・・・

微生物などを元気にしてあげると自然は上手くできてるもので、

花は咲き、実は甘く実り、害虫は減り、とイイこと尽くめ。

要するに、大地もニンゲンの腸と同じなんだそう。

有用菌を増やすことが第一。

ヨーグルトをバケツに薄めて撒いても効果があるとか。

植物エキスで防ぐ病気と害虫―つくり方と使い方

植物エキスで防ぐ病気と害虫―つくり方と使い方

  • 作者: 農文協
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 1996/02
  • メディア: 単行本

自然農薬のつくり方と使い方―植物エキス・木酢エキス・発酵エキス (コツのコツシリーズ)

自然農薬のつくり方と使い方―植物エキス・木酢エキス・発酵エキス (コツのコツシリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 2009/07
  • メディア: 単行本

土着微生物を活かす―韓国自然農業の考え方と実際

土着微生物を活かす―韓国自然農業の考え方と実際

  • 作者: 趙 漢珪
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 1995/01
  • メディア: 単行本

これはもはや、「もやしもん」の世界!

今年は薄めの木酢液をしつこく散布してるせいか、病気もナイし害虫も少なめ。

木酢液で有用菌が増えた?!

やっぱり効果でてきてるのかも。

庭と畑、せっせと醸そうっと!


nice!(80) 

nice! 80

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。