So-net無料ブログ作成
検索選択

ゆるやかにget set [のすたるじっくツアー]

0-11111.jpg                                気が付けば人生には「暗号」のように、何気なくいろんなモノが配置されているのかも。

@山形県東田川郡庄内町余目駅前。

 

 


【おくられびと】

小学生2年生くらいの頃、

「人は死ぬんだ自分もいつか死ぬんだ」

というジジツを知ったのとほぼ同時期に、

「宇宙には果がない」というのを知り、

人生で初めてウロたえた。

 

0-3a.jpg                             駅の構内に貨物が滑り込んできた貨物。そして、窓金具の影はリズムを刻む。

余目駅は「美香」が実家へ帰るシーンだった。

 

0-1a.jpg                               駅のまん前にある大きな倉庫っぽいのは、旧余目農協。

 

0-1aa.jpg                                 余目駅の目の前にある旧農協の建物は、老後を言葉少なに佇んでました。

 

そして、ここへ。

 

0-3.jpg                                映画「おくりびと」のロケ地のひとつ、「NKエージェント」の看板もそのまんま。

 

0-1c.jpg                             「おくりびと」がアカデミー賞外国語映画賞をとり、世間が賑やかだったころ、

調度義父が亡くなったばかりで、内容がリアルすぎて観る気持ちになれなかった。

 

それが今回酒田を訪ねたことで、ようやく先日「おくりびと」観ることが。

「やっぱりみんな最後は死んで行くんだよね」

 

そして何気なく見た先日の新聞に「臓器移植法改正」。

死んだあと切り刻まれるのはどうなんだろうと、昔は思ってたけど、

最後は誰でも「灰」になっちゃうのを改めて最近目の当たりにした自分、

もし誰かの役に立つのなら、

臓器のひとつやふたつやみっつやよっつや・・・無くてもいいような気がしてきた。

 

そして、死ぬとヒトコトで言っても

病気とかなら時間の猶予もあるだろうけど、

いきなり事故とかで死んじゃったら、黙って何処かに行っちゃうのと同じ。

「あぁ、階段下の掃除してなかったー」

「洗濯物ちゃんと畳んでなかったよぉ」

とか、もしかしたら諸々心残りもあるかもしれないけど、

それより、

最後に身の回りの人への「ありがとう」だけは、

何らかのカタチで残して伝えたい・・・

毎年更新型の「明るい遺言書計画」、

最近ちょっとマジで検討中。

 

それにしても、

自分にとって、何かの「記号」でしかなかった巷の事柄も、

何かのキッカケで一瞬にして繋がることもあるんだと実感。

ゆるやかに準備を始めたい今日この頃です。

(*ΘωΘ)


nice!(84) 

nice! 84

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。