So-net無料ブログ作成

かわいいこにはタビを履かせろ [のすたるじっくツアー]

0-2a.jpg                           太陽が蓮池に落ちてしまった晩夏の午後、利根川を越えて埼玉県まで。

 


【古墳群・古代蓮・B級グルメ・足袋のまち】

9月18日日曜日、埼玉県行田市。

0-2b.jpg                              ひょっこりひょうたん島!?                  ・・・・みたいな、前方後円墳お濠付き。

 

0-3b.jpg 0-3c.jpg                              はにわ処さかもと商店さんには、例の「うっふん♡あっはんポーズ」の埴輪さんたちがいます。

 

0-3g.jpg 0-3f.jpg                              古墳守りをしてたのは、        みいちゃんよりちょっとキリっとした、キジトラにゃーにゃー。

 

0-3e.jpg 0-3d.jpg                              埼玉県のマークは「勾玉ぐるり」のデザインです。道端には、にゅっと出た、火花のような彼岸花。

 

「さきたま古墳群」近辺には、

「県立さきたま史跡の博物館」もあります。

「さきたま」とは、「埼玉」という県の呼び名のモトとなったそうです。

 

0-2c.jpg                           バス停傍にいきなりあった、インパクトあるフライの宣伝ポスター。

 

行田のフライ知らない人は、??って感じですね、きっと。

ゼリーフライとフライ、最近少し名前が知られてきたかもしれないですが、

この土地のB級グルメ。

フライは薄いお好み焼きみたいなもので、

ゼリーフライはおからとじゃがいもを合わせて揚げたもの。

市内に軽く50軒はお店があります。

        (※2007年に行った際に食べたフライとゼリーフライの記事はこちら。)

 

 

 

 

そして、

青森県田舎館村の専売特許だと思ってた「田んぼアート」がここにも!

0-2aa.jpg                        行田の「忍城」を舞台にした小説「のぼうの城」をモチーフに、田んぼアートが。

 

これは、あの本の表紙、成田長親と石田三成の横顔だ~!

田んぼアートとしては、今年で4年目の作品だそう。

のぼうの城 上 (小学館文庫)

のぼうの城 上 (小学館文庫)

  • 作者: 和田 竜
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/10/06
  • メディア: 文庫

のぼうの城 下 (小学館文庫)

のぼうの城 下 (小学館文庫)

  • 作者: 和田 竜
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/10/06
  • メディア: 文庫

「のぼうの城」は今年、上地雄輔・山田孝之らのキャストで映画封切り予定でしたが、

東日本大震災による影響で、2012年秋に延期になっています。

映画が公開されると、この行田も観光客増えちゃうのかな。

 

 

0-3a.jpg 0-3.jpg                            晴天ならなかなかイイ眺めの、展望室。     3連休のせいか結構人がいました。

 

本家の田舎館村の本年度の作品はもっと繊細なものですが、

この土地ならではの題材なので、これも一興かもしれないですね。

 

ところで今では、

田んぼアートは全国区らしい・・・こんなんありました。

うーーん、なかなかスゴイです。

ご近所なら、実際見に行くのもいいかもですよ~。  → 田んぼアート総合HP

 

 

 

0-3j.jpg 0-3i.jpg                       チョコレートのコーティングが剥がれちゃったみたいな柱、隣りも竹のフリしたニセモノでした。

 

0-3h.jpg 0-3k.jpg                             「鳶頭してた松本さんち」?!玄関の電灯で職業まで把握できる。 そして、初代行田市長の家。

 

0-3m.jpg 0-3l.jpg                       改築されて、ここは現在カフェとなっております。お庭も広くていいな。はなちゃん離し飼いしたい。

 

0-3n.jpg 0-3o.jpg                               定番の抹茶ロールと日替わりケーキ。      日替わりからオレンジのケーキを。

 

珈琲とケーキでしみじみと、

初代市長の和庭園古い家。

ゆっくり過ごせば家人気分。いいのぉ♡

 

 

 

【がんばれ!ファイト!】

運動会の秋。スポーツ記録会の秋。

「ナントカ中~ ファイト!」って、中学校の運動部の応援でやりませんでしたか?    

森第三中学校、だったら、やっぱり「森三中」?

その線で言うと、地方の中学校って人知れず色んな呼び方がありそう。

実は行田出身の仕事関係の人によると、

「行田中学」も、ご多聞にもれず短縮系だそうで。

運動部の応援も「ギョウチュー!ファイト!オー!」ってやってたそう。

 

うわー、それっ、応援しちゃう?!( ̄ω ̄;)

 

 

・・・って、一瞬思ってしまいました。

 

行田中学の関係者の方々、ゴメンナサイ。。。(-ω-;)

 

                     

 

 

 

 


 

【小さな旅で大きな足袋土産】

行田は足袋の産地。

ってことで、足袋の博物館もありますが、古代蓮の里でも足袋売ってました。

0-1d.jpg 0-1e.jpg                               紺の足袋欲しかったんだけど、男性サイズばっかでした。    ん?「いさみあし・・・ふくろ」(違

結局これもかなり大きめだったけど、一足買っちゃいました。

 

0-1b.jpg 0-1c.jpg                              靴下履いたままチョキが出せる!?ビビット色の足袋靴下。   あらっ♡    おくさま用~♡

 

おくさま用、ちょっとイロぽい!?(笑

もしくは、マイナーな地方の演歌歌手のSP版レコードの風味。

 

ちなみに、ビビットチョキ用とおくさま用は、ともに300円でした。

 

 

 

そういうわけで・・・

0-1.jpg 0-1a.jpg                                能あるタカ   ブタの・・・        ツメはチョキ!  (* ̄ω ̄)b履かないで手を入れてやってます。

 

 今年の冬は、普段着にキモノ着て足袋履きたいぞ~!

 

 

 

【今回の資料】

古代蓮の里 埼玉県行田市小針2735

県立さきたま史跡の博物館 行田市大字埼玉4834

閑居 行田市行田7-3

足袋とくらしの博物館 行田市行田1-2

 

 


nice!(110) 

nice! 110

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。